花のように、ただ自分自身であること。それだけで誰かをしあわせにする力が、私たちにはある。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/10(水)08:26
35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画35歳の教科書―今から始める戦略的人生計画
(2009/09)
藤原 和博

商品詳細を見る



私と同い年なはずの旦那さん(=28歳)が買ってきた本
…リクルート出身で前和田中学校校長だった藤原和博さんの本です。

成長社会」から「成熟社会」に入ったいまの日本でどう生きるべきか、
「みんな一緒」から「それぞれ一人一人」が多様化・複雑化・変化する社会を生きていくヒントが、
藤原さんの経験とそれによって獲得してきた思想によって書かれてました。

私の琴線ポイントは、以下。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

①宗教が果たすべき役割を、他のコミュニティが担っている。

みんな一緒に「ガンバル教」を信じていればよかった時代は過ぎて、
かといって日本に宗教的なコミュニティは機能していない。

で、それにかわるものとして他者とつながれるものやコミュニティが生まれている。
こういったコミュニティはツールとして使ってこそであって、そうとは知らずに
加われば依存を生むだけ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

②劇団「ひとりひとり」

いまは劇場も演出もタイトルも自分で決める舞台に立っているようなもの。
それにはクリティカルシンキング(彼は複眼思考と呼んでいました)と
プレゼン能力を向上させること。

人生の舞台で最大の武器になるのはコミュニケーション能力だから。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

③相手を知ることでプレゼンのツボを知る

とはいえ、プレゼンは自分のことをしゃべりすぎることではない。
相手のストーリーを聞いて、調べて、ふところに飛び込め!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

そしてこの本を読んでの自分のアクションは…
①コミュニティを戦略的につくる方法を考える。
②複眼思考…もう1度「それはなぜ?」と考えるクセを!

です。

ちなみに私も劇団結成しました~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わぁ素敵~♪
みかちゃん劇団結成したんですね!
とっても素敵な活動ですわ♪
月末の朝食会でまた色々お聴かせ
くださいね(^^)/
チョコとっても美味しかったです
有難う~☆
2010/02/16(火) 21:01 | URL | jeweli #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://makemehappy2009.blog109.fc2.com/tb.php/57-4a8c700d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Mika/みかち

Author:Mika/みかち
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
 | Be yourself like a flower.TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。