花のように、ただ自分自身であること。それだけで誰かをしあわせにする力が、私たちにはある。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/30(金)16:13
洋服でこそ、黒とか白とか紺とかが好きな私だが、
小物といえばもっぱらピンク、しかもヴィヴィットなピンクを選んで久しい。

それか、紫。

最近、カラフルなものやカラーそれ自体になんとなく興味があって、
ピンクの持つ意味や紫の持つ意味を調べてみた。

ピンクは、イメージ通りというかなんというか、「癒し、愛情、平和」の意味があるそうで。
意識的にしろそうでないにしろこの色を求めているときは平和や安定、人の愛情なんかを欲しているらしい。

うちの母が震災後(といっても茨城県の日立市なので大きな被害はありませんでしたが)
の心境の変化としてこんなことを教えてくれたことを思い出す。

「何でか自分でも分からないんだけど、
ピンクのものばっかり買ってるの。なんてことはない、ファイルとか小物類とか。
前はそんな色ぜったい選ばなかったのに」

私は専門家ではないので断言できるわけではないけど、
きっと震災のストレスで心の安定や平和を求める気持ちがピンクを選ばせたのかな。

翻ってわたし。

最近、なぜだろう、黄色が気になる。

これまでずっとピンクづいていて、むしろ黄色は苦手な色だったはずなのに。

気付けば黄色のバラを買ってみたり、黄色のペンで走り書きをしたりしている。

で、黄色の持つ意味とは…「コミュニケーションカラー」らしい。
人の心を解放させる効果があって、初対面のときに話しかけやすい印象を与えるとか。

いまでこそ黄色の服とか着ない私も、
じつは過去に1度だけレモン色の服を来ていた時期がある。

それは、大学入学直後の春!

もちろん色彩の持つ意味がどうとかそのときは気にもしてなかったけど
(というかそんな存在すら知らなかったけど)
新しい門出にふさわしい色を自然に選んでたらしい。

へー、おもしろいな。

ということで何が言いたかったかというと。

どうやら私はまた新しい春を迎えているらしいそうらしい。


P.S. ちなみに紫はアーティスティックなひとが好む色合いだそうです。
そういえばマインドマップ用に紫バージョンのモレスキン買ってたな~。
これもアートっぽいといえばアートっぽいもんね、妙に納得。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://makemehappy2009.blog109.fc2.com/tb.php/188-a35d5566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Mika/みかち

Author:Mika/みかち
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
 | Be yourself like a flower.TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。