花のように、ただ自分自身であること。それだけで誰かをしあわせにする力が、私たちにはある。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/31(木)20:08
夫が、3日間だけとはいえ南相馬の被災地に入って現場を見てきました。

私自身は、
「いま行くのは野次馬なんじゃないの?」
「いま行って何ができるの、邪魔になるだけでは?」
という気持ちが強かったので、
彼がいま現地に入るということに釈然としないままでした。

ただ、私がそう思っていること、
それでも彼が思っていること、

そういったことをすべて話しあってから向かったので、
彼が行ったことに関してのわだかまりはもうありませんでした。

ただ、モヤモヤ感は消えず…。
それを彼に正直に言ったら、
「そこをつきつめて考えてみたら?」と言われた。

「自分を慰めるための自粛は意味がない」
「私たちにいまできることは、自分たちの居場所でがんばること」
「経済活動をまわすこと」
と思ったし、そう発信もしたのだけれど、

なんだかそれすら、
何もできない・動けない自分を満足させるための言動だったのではないだろうか、
と思えてきた。

彼は、
「自分の仕事を精一杯やることや、経済活動に参加することを本当に
決断してここに残るならいいけど、俺は流されてそう思った気がする。
傍観者でいることを、正当化したかっただけというか…」

「結局、自己肯定したかっただけだと思ったから、俺は現地に行くほうを選んだ」

と言った。

…私もだ。

私もえらそうなことを言って、
本当の本当はやっぱり現地の人手がいるかもしれないのに、

「いま、私たちは自分たちの仕事をがんばること」
「元気な人は元気でい続けること」
「経済活動に参加すること」

そういった「さも立派に見える」新しい盾にして、何もできない自分を肯定しようとした。

何もできない、じゃない。
何もしようとしない自分だ。

…正直に言おう。

お金や物資はすぐにでも送りたい。
だって、何かしてあげたいんだもの。

でもやっぱり自分が怖い思いをしたり、
寒い・つらい思いをしたり、
例えば汚いトイレを使いたくないとか、
現地のひとたちに「何しに来たんだ」って目でみられたらイヤだとか、
自分のなかにある野次馬根性に気づいてしまったり、

そういったどろどろした部分に気づきたくなくて、
「いま私たちにできることは…」云々に飛びついたんだ。

それは彼が言ったように、
傍観者でいることを選んだんだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
みんなちがってみんないい
こんばんは。
私も傍観者です。
みんなちがってみんないいと思えるようになってきました。映像やニュースを見て呆然として、何かしなければと思い何もできず落ち込んでましたが、少しずつ普通に戻っています。きっかけはこちらの記事でした。http://ameblo.jp/saglasie/entry-10840889861.html
自分にできることは募金と普通に仕事して、普通に妻と子供と接することだと気づきました。
2011/04/02(土) 01:30 | URL | じゅん★JUN #eXGbEeWQ[ 編集]
Re: みんなちがってみんないい
記事読みました、ありがとうございます。

「顕在的には誰かのため、といっても、潜在的には自分自身のため
(誰かに褒められたいとか)」という一文、深く共感します。

私は、自分がそういう気持ちの変遷を経て傍観者でいることを選んだことを
忘れないようにしたいと思いました。
せめて自分の感情や言動に向き合い、責任をとれる人でありたい。

そして、みんな違ってみんないい、ほんと、そうですね。
2011/04/03(日) 23:14 | URL | 劇団☆みかち #-[ 編集]
分かります
うちの職場は病院で、地震1か月後に医師会より支援のため
職員派遣を頼まれました。
職員全員に参加可能か不可能かとその理由を述べる機会がありましたが
私は「不可能」を選びました。

理由は「自信がない」。

あれだけのところに行って人の助けになってあげられるだけの
精神的・肉体的な自信がないと、はっきり伝えました。

綺麗ごとをいってもしょうがない

何を言っても言い訳になる

弱い人間で本当に申し訳ないけど
私はその自分を知り伝えた上で
ここに残って、現地で頑張ってきてくれる職員の穴を
埋めるべく業務をこなすことを選びました。

自分を知ることは大切。
できることできないことを勇気もって伝えることも大切。

大変偉大なご主人がいらっしゃると感銘をうけました☆
2011/07/24(日) 23:53 | URL | リンダ #-[ 編集]
Re: 分かります
わー、コメントいただいてたの気付きもせず申し訳ありません!

リンダさんもそのようなことを経験されたんですね。
今回の地震では、遠く離れていながら(そして被害は受けていないのに)
自分を見つめ直すことがたくさんあって、
しんどかったりもしました。

でもこうして自分の内面と向き合いながら、
少しでも成長していけたらいいなと思います。

とても貴重なお話をシェアしていただき、
ありがとうございました。
2011/08/02(火) 20:20 | URL | 劇団☆みかち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://makemehappy2009.blog109.fc2.com/tb.php/146-6c128fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Mika/みかち

Author:Mika/みかち
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
 | Be yourself like a flower.TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。