花のように、ただ自分自身であること。それだけで誰かをしあわせにする力が、私たちにはある。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/22(水)01:10
ちょうど2週間前に、自分のお腹のなかにベイビーがいるかもしれない、
とわかりました。

そして1週間前の9月14日の朝、あっという間に流れ星となりました。

始まりは晴天の霹靂で、検査薬のくっきりした2本線を前に
「どうか間違いであってほしい」という気持ちが先立ち、

心が動いて徐々に新しい出逢いに前向きになり、
コーヒーもコンビニごはんも、もちろんお酒も一切ストップして、
夫とふたり胎名をつけた翌朝、エンジェルは行ってしまった。

「まだ早すぎる」「まだ欲しくなかった」と、
当初さんざんマイナスのことばかり頭に浮かんだくせに、

自分の体から流れ出た見たこともないほどの大量の血を前に
瞬間的に「もうダメだ」と悟ったときのゾッとする絶望感…。
震えと涙が止まりませんでした。

「来ないで」と思ったら来て、
「行かないで」と思ったら行ってしまった。

嵐が過ぎ去った後、
彼(エンジェルは男の子な気がして)は私に何を言いたかったのだろう、
私たち夫婦に何を伝えるために舞い降りてくれたんだろう、と必死で考えた。

そうでなければ、なぜこんなことが起きる?

コントロールできないものの存在。

あるようでない時間というもの。

そして、私という人間について。

「子どもはいつか…35歳くらいで」と公言すらしていたくせに、
いざ母親になるかもしれない、と分かったときに真っ先に思ったことは
「あれもまだしていない」「もっとこんなことがしたかった」という
後悔の気持ち。

自分は「いつかしよう」なんて甘っちょろいことをこんなにたくさん
抱えて生きていたのか、と愕然とした。

時間なんて、あるようでぜんぜんない。
ぜんぜん。

「そこんとこ、ちゃんと分かってるの?」

と、わざわざ渇を入れにきてくれた気がする。
私と、私たち夫婦に。

そして、私がこれから先どんな人生を選び取りたいのかについて。
人との関わりかたについて。

「親には心配かけたくないから、落ち着いてから連絡したい」という私に、
「大切な人とは嬉しいことだけじゃなくて悲しいことももっとシェアしていいんだよ」
と夫は言った。

「だから嬉しいときにもっともっと喜び合えるんじゃない?」と。

私は、できるならいつもポジティブな感情を抱いていきたい、
ネガティブな感情や弱さはできるなら遠ざけたいと思っていたし、
人に対してもそうでありたいと思っていた。

つまり、プラスの気しか感じたくないと。

でも、つらさや悲しさは人生のなかに絶対訪れる。

その感情を正面から受け止めて、味わって、噛み締める。
喜怒哀楽の「喜」や「楽」だけじゃなく。

いろんな感情を経験してこそ、味わい深い人生って言えるのかもしれないな。
そしてそこから何を学びとって自分と周りのしあわせに変えるのか。
それを忘れなければいいのかな、と、
手術後のぼんやりとした時間のなかでひとり考えた。

すべての感情を誰かにシェアしてもらって、
自分も誰かの感情を少しずつシェアして、
最後にみんなでしあわせに変えられたらいい。

実はどうやればいいのかすら、分からなかったりするのだけど、
これからはもう少し、悲しみやつらさもシェアしてもらおう。
夫の言うことを信じよう。

だから、もしこれを読んでくださっている方がいるとすれば、
図々しいお願いをひとつだけ。

「大丈夫?」と聞かれればどうしたって「大丈夫」と答えてしまう私なので、

次に会うときはそっと手を差し出してくださいませんか。

ほんの少しだけぬくもりのおすそ分けをいただけたら、
私は安心してカラ元気の矛を収めることができるでしょう。
そして少しずつ軽くなることができるでしょう。

…何だかすべてが夢のなかでのできごとのように一瞬のことだったけど。

いろんな感情を味わわせてくれた、
いろんな気づきをもたらしてくれた、

私と私の夫のエンジェルに心から感謝します。

たった1週間だけだったけど、
確かに私のなかに、いてくれたんだよね。

ありがとう!

きっとまた会おうね。

そして、いつも寄り添ってくれた夫に。
ふたりで最高の人生を歩もう。

感謝。

感謝。

たくさんの愛を。

エンジェルとの再会を心待ちにして。

すべてのひとにしあわせのシャワーが降り注ぎますように。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

このできごとを境に、いろんな方からのメールや電話に対して
まったく無反応になってしまっていました。

この場を借りて、ごめんなさい。

今日から仕事も復活しました。
徐々に元気になっています。

少しずつ、連絡させてください。

いつもいつもありがとうございます。

これからも、こんなへなちょこをよろしくお願い致します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://makemehappy2009.blog109.fc2.com/tb.php/121-f5eacec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

Mika/みかち

Author:Mika/みかち
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
 | Be yourself like a flower.TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。