花のように、ただ自分自身であること。それだけで誰かをしあわせにする力が、私たちにはある。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/05/06(日)12:01
ここ最近、ずっと今後自分がしていくことについて思考錯誤していました。

大丈夫大丈夫、と思った次の瞬間に不安で胸がす~っとなったり、
かと思えば無気力になったり、理由のわからないさみしさでのたうちまわったり(笑)。

そんななかでもいろんな方や本、考え方との出逢いもあり、
これを書いている時点でとてもすっきりした気持ちです。

いまから添付する文章は、
あるセミナーを受けたその夜、むっくり起き上がってメモしたことが元になっています。
その夜は、これまでのいろんなこと―自分の経験や想いや、小さかった頃の思い出まで―
が自分のなかでゆるやかにつながって、
「あぁ、こういうことだったのかなぁ」と不思議に泣きたい気持ちになりました。

Be yourself like a flower.
「ただ、自分自身であること」。

私は今後、これを自分のテーマにしていきます。

花のように、ただ、自分らしくあること。
それだけで誰かをしあわせにできる力が、本来私たちにはあるのだと思います。

話すことが得意な花がいてもいい。
リーダーシップが上手にとれる花がいても、教えることが大好きな花がいたっていい。

けれど、花の存在価値がただその花であるだけで既に満たされているように、
私たちも私たちでいることこそが最大で最高の存在価値なのだと思うのです。

だからいつでも、自分自身であろう。
そのありかた自体が、誰かをハッピーにするのだと信頼して。

ただそこに咲いているだけで人をしあわせにする、花のように。


スポンサーサイト
2011/08/02(火)21:34
ずっとブログのログインすらしておらず、
その間いただいていたコメントにも気付いておりませんでした。
申し訳ありません…。

6月12日、summer vacationさんという方からコメントをいただいており、
それは私の夫に対する誹謗中傷と受け取りましたので、
コメントの表示を拒否させていただいています。

なんというか、、、私もしくは私達夫婦がご迷惑をおかけしてましたでしょうか。

私も夫も見栄っ張りなので、
いいこと言ったりかっこつけたりしながら中身が伴わず、
今思い出しても気持ち悪くなるくらい多大なご迷惑をいろんな方にかけてきましたし、
それは(少なくとも私は)いまでも変わりません。

ただ面識のある方に悲しいコメントをいただいているかと思うと、
やりきれないというか、落ち着かない気持ちになります。

もしも私や夫がご迷惑をおかけしてきたのでしたら、
その旨、直接ご連絡いただけますでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

また、私が夫との写真を度々載せることについて、
私なりに考えがありますのでお伝えしておきたいと思います。

じつはとても身近な人から「もうふたりだけでやってたらいいからわざわざ載せないでよ~。
見てるほうが恥ずかしいから!」と(もちろん冗談交じりで)言われたことがあります。

私にとっては、それが結構ショックでした。
でもこれからも載せていこうと思っています。

私は自分が結婚するまで、結婚についてあまりいいイメージを持ってきませんでした。
というか、結婚とかしたくなかったです。
だって両立も大変そうだし、育児も、親戚づきあいも、なんか女ばっかり損するイメージ。
(もちろん男性にも言い分はあると思いますが)
たまに聞く既婚者の話も「結婚なんて」というニュアンスの話ばかりでした。

でもあるとき、
「私たちは私たちが思うような夫婦をつくっていけばいいんだ。
べつに『結婚、大変だぞー』っていってるみんなのまねをしなくてもいいんだ」
と思ったことがきっかけで、結婚してもいいかも、と思うようになったのです。

私は夫と結婚して、たくさんのことを教えてもらいました。
私のとってのいちばんのメンターは彼です。

もしも以前の私のように、
「結婚なんて大変そう」「結婚してもみんなすぐ相手にあきたりするんでしょ(注・イメージですよ)」
と思っているひとがいて、もしも万が一私のブログを見る機会があったら、

「ふーん、結婚も案外いいものなのかなぁ」、
というきっかけになってくれたらな、とひそかに思っているのです。

それってやっぱりイヤな方もいらっしゃるのかなぁ。
そしたら申し訳ないけど。。。

でも私も思うところあってのことなので、
これからも夫婦の写真も載っけていこうと思ってます。
2011/08/01(月)20:31
思うところあってブログをとめていたのですが、
いま久しぶりにログインして我ながら「こんなに書いてなかったのか!」
とびっくりしています。

コメントをいただいていた方もいらっしゃったのに、
何もせずスルーしてしまっていました。申し訳ありません。

さて。

身近な方々にはすでにお伝えしていますが、
7月末で3年間ちょっと勤めたACE Englishを退職しました。

親戚も友達もちょっとした知り合いもいない福岡に来てから、
「ずっとやってみたかったし」と思って生徒として入会した英会話スクール。

その後、ご縁をいただいて働かせて頂くようになり、
あっというまに3年が過ぎました。

そらもう、27歳なりたてが30歳になるほどに(汗)。

私はACEで働くのが好きでしたし、
何より上司や同僚、一緒に働く先生達がみんな好きだったので
(これってしあわせなことですよね)、
辞める決断をするまでとても迷いました。

でも、いつかは辞めないと、思っていたのです。

過去にこのブログでもお伝えしましたが、
昨年9月、私は突然妊娠していることが発覚し、
そしてあっというまに流れ星になってしまいました。

赤ちゃんができたかもしれない、と分かったとき、
私の頭をよぎったのは「まだあれもしていない、これもしたかったのに」
という思い…。

自分が「いつかしよう」という曖昧なものをたくさん抱えていたことに気付き、
気付いたと思ったら赤ちゃんは流れ星になって、
「人生は次、何がおきるか分からないんだ」
「人はいつ死ぬかもわからないんだ」
と痛切に感じました。

だったら、私は自分がしたいと思ったことを全部したい。
エンジェル(と、名付けてたんですね、胎名)が教えてくれたことを
むだにせず、悔いがないように生きたい、と思うようになりました。

ACEで働くのは好きだけど、
チャレンジしたいことは他にある、と思いました。

…とはいえ、職場に戻れば働きやすい環境や好きな仲間達に囲まれ、
どうしても辞めるきっかけがつかめず。

そうこうしているあいだに、
東日本大震災が起きました。

実家は幸いにも無事でしたが、
家族が大変な思いをしているなか、
また、たくさんの方々が亡くなり、大切な方々をなくすなか、
もう一度「私も明日死ぬかもしれない」という気持ちを強くしました。

今年に入りACEはさらに忙しくなっていたこともあり、
そのなかで退職を希望するのは申し訳ない、となかなか言い出せなかったのですが、
勇気をふりしぼって(英語で事前に練習して・笑)ボスに話をし、
そして先月末での退職ということになりました。

「やりたいことをやったほうがいいよ」と快く送り出してくれたボスや、
ずっと私の粗雑さをカバーしてきてくださった同僚スタッフ、
何よりたくさんあるスクールのなかからACEを選んで通ってくださっている生徒のみなさんに、
本当に本当に心から感謝しています。

ACEで働けてとてもしあわせでした。
ありがとうございました。

これからもみなさんにたくさんの幸運が降り注ぎますように。

退職の日
プロフィール

Mika/みかち

Author:Mika/みかち
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
 | Be yourself like a flower.TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。