花のように、ただ自分自身であること。それだけで誰かをしあわせにする力が、私たちにはある。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/16(木)21:09
ときどき、匿名でちょっと辛口なコメントをいただきます。
はじめていただいたときは、ざっくり傷つきました。

でも、傷ついたのは自分のなかに図星の部分があったからだと思いました。

だって例えば、いま同じことを言われても、痛くもかゆくもありません。
私のなかに、もうそのときの図星の部分がなくなったからです。

今回も、久々に辛口コメントをいただいて、
はじめてのときほどではないにしろ、ちょっと傷つきました。

やっぱり、自分で気にしている部分があったからだと思います。

でも、そこまで傷が深くなかったのは、
こういうことがあると必ずそれ以上にありがたいできごとがあるからだと、
いままでの経験から知っているからです。

これまでも、いろんな方があたたかい言葉で励ましてくださいました。

今回もわざわざコメントやアドバイスをくださったMayさん、
一生懸命言葉を尽くしてメッセージをくれた大学時代からの大切な友人であるゆうこに、
とても励まされました。本当にありがとうございました。

言葉で傷つき、言葉で励まされる。

言葉で励ますことができる人になりたいと思います。
スポンサーサイト
2012/08/14(火)09:26
前回の記事に以下のコメントをいただきました。
私も自分の考えを改めて振り返るきっかけとなりましたので、
コメントの全文とそれに対する私のいまの見解をお伝えしたいと思います。

あなたが、結局のところ何をしたいのかが分からないし、ほんの少しだけNYに行かれていたくらいで「留学」と表現し、無知を晒していることに同情すら感じます。世の中に認められたいと思っているのなら、違う方法を模索するべきです。

パンナコッタさま

コメントありがとうございます。

ほんの少しだけNYに行かれていたくらいで「留学」と表現し、無知を晒していることに同情すら感じます。
そうですね、本当にご指摘のとおり、
自分でもたった4ヶ月で「留学」という言葉をつかうことに、
抵抗を感じていました(いまでも多少感じています)。

自分で行く前は、3ヶ月くらいの短期の語学留学に行く方々を見ていて、
正直「それは留学じゃないよね」と思っていたくらいです。

本当に長年留学されていて、学位をとられる等している方々からすれば、
きっと同じように言ってほしくないと思ってらっしゃるでしょうね。

確かに、ぜんぜん意味合いが違います。

けれど、自分で行ってみて私は考えを改めました。
たとえ1週間でも2週間でも、本人が「留学だ」と思えば、留学なんです。
私は確かにたった1シーズンしか滞在していないですし、見えてないことのほうが全然多いです。
それをまるですべて知ったように発信してしまわないように、
気をつけなければいけないなとパンナコッタさんのコメントをいただき、改めてハッとしました。

けれどそれでも「遊学」や「旅行」、「滞在」という言葉ではないなと思い、
「留学」と言っています。

30年間日本にしか暮らしたことがなかった自分にとっては、
それほど大きなできごとだったからです。

無知を晒す…ということについては、本当に、そうだろうなと自分でも思います。
私よりも高い視野で物事がみえてらっしゃる方々からすれば、
きっと私などは無知すぎて痛々しいのではないでしょうか?

それでもいまの段階ではその無知なのが私なので、
それで恥をかいても仕方がないと思っています。

そういう無知だったりイタい自分が、
それでもどうにか模索しながら生きている姿を晒すことが、
誰かの何かのきっかけになれたらこれほどうれしいことはありません。

「自分も何かしよう」というような気持ちになっていただければ何よりですが、
「こいつ、なんもわかってないのに」「なんでこんなやつが…」といった影響であっても、
それでどなたかが何かを考えるきっかけになれればちっぽけな私としては十分です。

あなたが、結局のところ何をしたいのかが分からないし

ご指摘のとおりです!
私も正直、自分が結局のところ何をしたいのかはよくわかっていません!!

でもひとつだけ、私は少しずつでも「書く」ことを通して
自分の経験や考え方を発信していけたらいいなと思っています。

この度、地元のフリーペーパーのウェブサイトでブログを書かせていただくことになりました。
http://www.e-avanti.com

同じように大人になってからの語学留学に興味がある方が、
一歩踏み出すきっかけになれればと思います。

こちらも徐々に充実させていきたいと思っていますので、
パンナコッタさんもぜひご覧になってくださいね。
そしてまたご指摘いただければと思います。

あらたな気づきをいただきました。ありがとうございました。
2012/04/11(水)21:27
結構いろんな人に言ってるんだけど、私は毎朝おまじないをしています。

もともとはおまじないという気でやっていたわけじゃないのですが…
どうやらこれはおまじない的なものに分類されるのかもと思いだしました。

毎朝見る、洗面所の鏡に、こうなりたいとかこう言われたいとかの言葉を書きます。

ちなみに私の場合は「今日も超きれいだね」って書いてます。
(うぅ、はずかしい…でもほんとだからね)

もとはといえば、ある人の本のなかに彼女の使ってる鏡の写真があって、
そこにダンナさんから「You're the Best!!」ってメッセージが書いてあったのを見て、

えーいいなー私も書いてほしいーと思ったのがはじまり。

でもそんなこと書いてくれる夫じゃないので自分で書いた、というだけの話なんですが…。

その後、毎朝その鏡を見ながら「今日もちょーきれー!!」って言って背伸びするようになりました。

で、ほんとにそれ以降、ありがたーいことに外見、褒められるようになりました。

先日のステキ女子の朝食会でもこの話をしていて、
「みんなもやってみてー!」って言ったら「で、何で書くんですか?」って言われて、
「あ、鏡とかガラスに書けるペンが売ってるんですよ」って言ったら、

「なんだ、そういうのが売ってるんですね!私てっきり口紅で書くのかと思った!!」
って言われて絶句!

いやいやいや、それ昭和的というかトレンディドラマ的というか、松任谷由美というか!!

でもよくよく聞けば、そこにいたひとみんなが「鏡に何か書く」→「要・口紅」と思ったらしい。
使わない口紅探さなきゃ、って思ったらしい(笑)。

そうかー、それでみんな微妙な反応だったのか!

今度からこの話をするときには「それ用のペンで!」って付け足そう、そうしよう。。


2012/04/02(月)23:07
夜桜見物に行って思ったこと。

桜は桜をまっとうしてるからきれいなんだなぁ。
バラとかタンポポとかに、なろうとしてないもんね。

と、横で夫が言う。

「きれいになろうとして咲いてるわけじゃないしね」

確かに。。

自分をまっとうしていれば、
その姿は自然とうつくしいのかもしれないね。

2012/03/30(金)16:13
洋服でこそ、黒とか白とか紺とかが好きな私だが、
小物といえばもっぱらピンク、しかもヴィヴィットなピンクを選んで久しい。

それか、紫。

最近、カラフルなものやカラーそれ自体になんとなく興味があって、
ピンクの持つ意味や紫の持つ意味を調べてみた。

ピンクは、イメージ通りというかなんというか、「癒し、愛情、平和」の意味があるそうで。
意識的にしろそうでないにしろこの色を求めているときは平和や安定、人の愛情なんかを欲しているらしい。

うちの母が震災後(といっても茨城県の日立市なので大きな被害はありませんでしたが)
の心境の変化としてこんなことを教えてくれたことを思い出す。

「何でか自分でも分からないんだけど、
ピンクのものばっかり買ってるの。なんてことはない、ファイルとか小物類とか。
前はそんな色ぜったい選ばなかったのに」

私は専門家ではないので断言できるわけではないけど、
きっと震災のストレスで心の安定や平和を求める気持ちがピンクを選ばせたのかな。

翻ってわたし。

最近、なぜだろう、黄色が気になる。

これまでずっとピンクづいていて、むしろ黄色は苦手な色だったはずなのに。

気付けば黄色のバラを買ってみたり、黄色のペンで走り書きをしたりしている。

で、黄色の持つ意味とは…「コミュニケーションカラー」らしい。
人の心を解放させる効果があって、初対面のときに話しかけやすい印象を与えるとか。

いまでこそ黄色の服とか着ない私も、
じつは過去に1度だけレモン色の服を来ていた時期がある。

それは、大学入学直後の春!

もちろん色彩の持つ意味がどうとかそのときは気にもしてなかったけど
(というかそんな存在すら知らなかったけど)
新しい門出にふさわしい色を自然に選んでたらしい。

へー、おもしろいな。

ということで何が言いたかったかというと。

どうやら私はまた新しい春を迎えているらしいそうらしい。


P.S. ちなみに紫はアーティスティックなひとが好む色合いだそうです。
そういえばマインドマップ用に紫バージョンのモレスキン買ってたな~。
これもアートっぽいといえばアートっぽいもんね、妙に納得。
プロフィール

Mika/みかち

Author:Mika/みかち
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
 | Be yourself like a flower.TOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。